ほくろ除去(色素性腫瘍)

ほくろとは、色素性母斑、または母斑細胞母斑と呼ばれる良性の色素性腫瘍のことです。
一般的にほくろと思われても、悪性黒色腫(メラノーマ)などの悪性腫瘍である場合や、ほくろが悪性化するケースもあります。
悪性の可能性がある場合や組織学的な確定診断をご希望の場合は、病理検査も行っております。
ご予約当日に手術ができる場合がほとんどですが、診察の結果、後日の手術になるケースもあります。

 

費用について

詳細はこちら

種類 費用
ほくろ(色素性腫瘍)の手術 本人負担額は6,000円~15,000円程度
(保険適応3割負担の方)

 

治療方法

1.手術による切除術
2.レーザーによる切除術
 

リスク・副作用

1.手術による切除術の場合
出血・血腫・感染・強い疼痛・色素沈着・醜状瘢痕・ケロイド・縫合不全・再発など
2.レーザーによる切除術の場合
赤み・色素沈着・カサブタ・傷跡・醜状瘢痕・ケロイドなど
上記などの症状が生じた場合はご連絡の上すぐにご来院下さい

 

症例集

症例1

右頬部のほくろを除去したケース
メスで切除し、その後縫合しました(切除縫合)。


電気メスで切除のケース

手術前

電気メスで切除のケース

手術直後

電気メスで切除のケース

手術直前

電気メスで切除のケース

テーピング

nbsp;

症例2

右頬部のほくろを除去したケース


右頬部のほくろ除去、メスで切除・縫合したケース

手術前

右頬部のほくろ除去、メスで切除・縫合したケース

手術直後

 

症例3

右前腕部のほくろを除去したケース


皮膚・皮下腫瘍摘出手術

手術前


皮膚・皮下腫瘍摘出手術

デザイン
正常な皮膚をなるべく犠牲にしないように
工夫しました。

皮膚・皮下腫瘍摘出手術

縫合直後

 

症例4

右頬部のほくろを除去したケース


皮膚・皮下腫瘍摘出手術

手術前

皮膚・皮下腫瘍摘出手術

手術直後

皮膚・皮下腫瘍摘出手術

切除されたほくろ1

皮膚・皮下腫瘍摘出手術

切除されたほくろ2

ある程度の大きさのほくろでは、手術(切除縫合)で除去します。
切除縫合では、一回でほくろは取り切れますが、瘢痕(傷跡)が残ることがあります。

 

症例5

左頬部・鼻部のほくろをレーザーで除去したケース
あまり大きくないほくろは、レーザーを用いて除去できます。
切除して縫合する場合に比べ、ダウンタイムが短くてすみます。


ほくろ除去

レーザー照射前

ほくろ除去

レーザー照射後