概要

当院では粉瘤(アテローム)の摘出手術を多数行なっております。
粉瘤(アテローム)とは、新陳代謝によって表皮から剥がれ落ちる垢などの老廃物(膿)が、皮膚の内部に溜まることによってできる良性の皮下腫瘍です。
一般的に、皮膚がある部位であればどこにでも生じますが、実際に多くみられるのは、顔面や体幹です。
特徴としては、膿がカプセルに包まれて成長して大きくなっていきます。
手術では、この膿が溜まったカプセルごと全摘出することが重要です。
特に顔面の場合の摘出手術では、露出部(見えている部分)なので、手術後の傷跡をいかに小さくキレイにできるかがポイントの一つです。
当院では、形成外科的手技を駆使してできるだけキレイに摘出し、縫合するよう努めています。

粉瘤が炎症を起こし、痛みや腫れや赤みが生じた状態を「感染性粉瘤」といいます。感染性粉瘤では、すぐにカプセルごと摘出することができませんので、まず切開し膿を出す治療になります。

オンライン予約

粉瘤のご予約

STORES 予約 から予約する

感染性粉瘤(痛みや腫れや赤みのある粉瘤)のご予約

STORES 予約 から予約する

【オンライン予約で「粉瘤」か「感染性粉瘤」の選択について】

1.痛みや腫れや赤みが生じた状態の粉瘤「感染性粉瘤(化膿性粉瘤)」の場合は、感染性粉瘤でご予約下さい。

2.皮膚の下に袋状の構造物(皮下腫瘍)があり、皮膚がふくらんでいる状態の場合は、粉瘤でご予約下さい。

※粉瘤も感染性粉瘤も、体のさまざまな箇所に生じる可能性があります(背中・頬・耳たぶなど)。
※粉瘤か感染性粉瘤か選択でご不明な場合は、お電話やメールにてお問い合わせ下さい。

手術の特徴

・局所麻酔(注射の麻酔)
・日帰り手術
・手術当日から入浴可能
・抜糸まで通院の必要無し
・保険診療

費用について

種類費用
粉瘤腫(アテローム)の手術本人負担額は6,000円~15,000円程度
(保険適応3割負担の方)

リスク・副作用

出血・血腫・感染・強い疼痛・色素沈着・醜状瘢痕・ケロイド・縫合不全・再発など

症例集

症例1

左耳垂部の粉瘤(アテローム)のケース
左耳垂部に2.2cmの皮下腫瘍(粉瘤)を認めました。
数年前に出現し徐々に大きくなり、現在の大きさになりました。
局所麻酔の注射後、粉瘤をカプセルごと摘出し、縫合しました。

施術前

2.2cmと大きな粉瘤を認める

デザイン

手術中1

カプセルの下に膿が見てとれます

手術中2

カプセルごと粉瘤を摘出しているところ

摘出直後

縫合直後

14日後(1)

抜糸前

14日後(2)

抜糸後

症例2

背部の粉瘤(アテローム)のケース
背部にある直径2cm大の皮下腫瘍(粉瘤)を直径5mmほどでくり抜き(くり抜き法)、摘出手術を行いました。
お顔やデコルテなど、手術後の瘢痕を小さくしたい部位では、このようにくり抜き法を用いることも可能です(ただし、適応外のケースもございます)。

手術前

デザイン

手術中

摘出直後

摘出された粉瘤

症例3

腹部の巨大粉瘤(アテローム)のケース
約40年前に腹部に皮下腫瘍(粉瘤)が生じました。
当初は、直径1cm程であったが、徐々に増大し、現在は直径10cm大の巨大な粉瘤となった。
当院で切除しました。

手術前

巨大な粉瘤

手術前

球形に膨らんで高さもある

デザイン

摘出した腫瘍

縫合直後

症例4

背部の粉瘤(アテローム)のケース
背部に粉瘤(直径3cm大)を認め、摘出手術を行いました。

デザイン

背部に粉瘤(直径3cm大)を認めました

摘出直後

摘出された粉瘤

症例5

臀部の粉瘤(アテローム)のケース
臀部に巨大な粉瘤(直径11cm大)を認め、摘出手術を行いました。

臀部に巨大な粉瘤を認めました

デザイン

摘出された腫瘍

内容物(膿)はカプセルに包まれています

手術直後

粉瘤を摘出して縫合しました

手術中1

粉瘤をカプセルごと摘出しているところです

手術中2

予定通り全摘出できました

症例6

背部の粉瘤(アテローム)が化膿したケース
局所麻酔をし、切開排膿しました。

手術前1

炎症が皮下に及び、腫れと痛みと赤みがあった。

手術前2

炎症部は直径5cm大、切開は2cm弱。

手術直後

切開直後には腫れと痛みは減少した

※膿で出てきますので、苦手な方は閲覧に注意して下さい。

症例7

右頬部皮下腫瘍(アテローム)のケース
数年前より皮下に粉瘤(直径15mm大)を認め、摘出手術を行いました。
30代男性

手術前

デザイン

手術中

粉瘤をカプセルごと摘出している様子

手術中

摘出直後
粉瘤は残らず全て摘出できた

縫合直後

お顔の手術では、このように細かく繊細に縫合します。

抜糸直後

縫合部にはまだ赤みがあります

テーピング

抜糸後は、傷跡をキレイにし、紫外線を防止する目的で肌色のテープを貼ります。

症例8

臀部の粉瘤(アテローム)のケース
数年前より臀部の皮下腫瘍に気付いたが放置していました。
徐々に増大し、最近になり、座ったときなどに痛みを感じるようになり、来院されました。
来院時に直径6cm大の巨大な粉瘤を認め、摘出手術を行いました。

手術前1

臀部の右側に大きな皮下腫瘍(粉瘤)を認めました。

手術前2

デザイン(直径6cm大)

手術中1

粉瘤をカプセルごと摘出しているところです。

手術中2(摘出直後)

予定通り全摘出できました

摘出された腫瘍(直径6cm大)

内容物(膿)は、カプセルに包まれています。

縫合直後

皮下の大きな腫瘍を摘出した分だけ、皮膚が少し陥凹していますが、次第に改善します。

抜糸直前

縫合部に問題はありません

抜糸直後

経過は順調で予定通り抜糸できました

この症例では、直径6cm大もある巨大な粉瘤を摘出しました。
当院では、このような手術もなるべくご予約日当日に行うように努めています。
※ただし症例によっては、後日の手術になることもございます。

症例9

左大腿部の粉瘤(アテローム)のケース
直径6cm大の巨大な粉瘤

左大腿部の巨大な粉瘤

デザイン

手術中

腫瘍本体

手術中2

底面まできれいに剥がれている

手術中3

摘出直後

手術直後

粉瘤を摘出し、縫合した直後。

摘出された腫瘍

直径6cm大

症例10

右肩甲部の粉瘤(アテローム)のケース

デザイン

局所麻酔

切開1

切開2

摘出された粉瘤(アテローム)1

摘出された粉瘤(アテローム)2

麻酔

縫合直後

抜糸直前

抜糸直後

テーピング

手術に使用する器具

手術ではこうした形成外科的な器具を用いて繊細に手術を行っています。

手術器具

オンライン予約

・手術
予約する

・巻き爪(陥入爪)
・感染性粉瘤
・アートメイク除去
STORES 予約 から予約する

・医療レーザー脱毛
予約する

・ボディピアス
予約する

・ほくろ除去とシミ除去のご予約
予約する

・イボ除去1万円キャンペーン
予約する

・耳たぶピアス
・HIFU
・フォトRF
予約する

・ダイヤモンドピーリング
・ビタミン導入
・ダイヤモンドピーリング + ビタミン導入
予約する

・プラセンタ注射
・ビタミン注射
・タチオン注射
・女性ホルモン注射
予約する

・プロペシア錠
・フィナステリド錠
・デュタステリドカプセル
・シルデナフィル錠
・レビトラ錠
・HQクリーム
・AHA石けん
予約する

キャンペーン


ほくろ除去とシミ除去のご予約を承っております。詳細はこちらです。



イボのレーザー除去を100個まで1万円で行っています。詳細はこちらです。

症例モニター募集中


HIFU(ハイフ)の症例モニターを募集しています。
詳細はこちらです

クリニック概要

・クリニック名:HSクリニック
・TEL:043-202-3135
・FAX:043-202-3136
・住所:〒260-0854 千葉県千葉市中央区長洲2-3-8
・院長:白澤 友裕 医師・医学博士・形成外科専門医
・診療科目:形成外科(保険診療)、美容外科(自費診療)、美容皮膚科(自費診療)

診療曜日 / 時間

月:13:30~21:00
火:13:30~21:00
水:休診日
木:13:30~21:00
金:13:30~21:00
土:13:30~21:00
日:休診日

その他

・保険診療と自費診療の両方とも、必ず保険証をご持参の上ご来院下さい。
・当院は予約制となっております。ご予約の上ご来院下さい。
・当院のご予約は、お電話・メール・予約システムにて承っております。
・診療や手術でご予約いただいた場合でも、診療の都合上や前の手術の関係で、お待たせする場合がございますが、何卒ご了承ください。
・治療経過を記録するために、施術の前後で施術部のお写真や動画を撮影させていただいております。撮影したお写真および動画については、個人情報の取り扱いに則り、厳重に管理させていただいております。ご理解の程、どうぞよろしくお願い申し上げます。
・当院の対応言語について:Diagnosis in Chinese are available. / 可用中文進行診斷