4Dアートメイク眉


3年ほど前に3Dアートメイクの施術をした患者様の眉を、本日4Dアートメイクで追加染色しました。

3D眉や4D眉のDはdimension(寸法)のことです。
3Dは縦・横・高さを表し、立体的ということです。
4Dは文字通りの意味ですと、それに時間がプラスされたということです。
ただ、アートメイクの世界で時間軸が何を意味するのか、未だ持って私には理解できません。
ですので、3Dと4Dの違いを明確にいまだに説明できないでいます。
4Dという言い方は、宣言文句の意味合いが強いのかもしれません。

いずれにせよ、私は3Dと4Dと両方の手法を行っていますので、ここで両者の違いを簡単に説明しますと、
3Dと4Dでは、ストロークの方向が逆であること、1本1本の太さが4Dの方が細いこと、そして4Dの方がより立体感が出ること、などの違いがあります。

最近、日本でも、4Dアートメイクが人気のようです。
毎年ビューティーワールドジャパンという展示会に出展しているのですが、先日ブースにいらした外国の方(東南アジア)の眉にアートメイクが施されており、6Dアートメイクと本人は言っていました。
ですから、世界は広いもので、4Dどころか6Dまであるということでしょうか???


施術前


施術後

映像

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です