カテゴリー別アーカイブ: 一般

3Dアートメイク


眉のアートメイク(3D)を行いました。

※アートメイクモニターの方です

前回の記事でも書きましたが、現在日本での眉のアートメイクは、アートメイクカラーを全体的に塗るタイプの方法(ぬりつぶし)が一般的です。
私は、このぬりつぶしの方法ではなく、「3Dアートメイク」を主に行っています。
これは、線を一本一本描き、組み合わせることによって、あたかも眉毛があるように染色する方法です。
まゆげの自毛植毛のデザインも応用して、より自然に見えるように工夫していますので、「植毛様マユ」とも呼んでいます。


施術前(両側)
両側ともまゆげがほとんどない状態でした。


施術前(右側)


施術前(左側)


デザイン
デザインペンを用いて1本1本マユをデザインしていきます


デザインが終了したところ


染色開始
デザインに則り手掘りで染色していきます


染色中
あたかもまゆげのように、1本1本繊細に染色します。


染色が終了したところ


施術後(右側)


施術後(左側)

動画をご覧下さい。

学会


形成外科の学会に参加してきました。
今年は、福岡で開催されました。

毎年のことですが、学会で様々なドクターに会ったり、発表を聞くと、すごく刺激になります。
自分のクリニックでも、最新の治療ができるように努力したいと思います。

さくら


このところめっきり春めいてきた感があります。
春は桜
桜は春
春と桜は切っても切れない関係ですね。
先日のお休みにさくらを見に行ってきました。
ポカポカして気持ちのいい一日でした。
桜も満開で、おまけにウグイスの歌う声まで聞けました。
ほんと自然はいいです。

まつげの植毛


まつげエクステ、いわゆる「まつエク」は、多くの女性に支持されている施術です。
今回の患者様も「まつエク」を愛用していました。

まつエクはとてもいい施術ですが、難点もあります。
最も大きな難点は、自まつげを痛めてしまうことです。
この患者様は、長らくまつエクをしていたために、自まつげが細く短くなってしまいました。

まつエクのもう一つの難点は、費用が結構かかるということです。
一度まつエクをすると、やめられなくなることが多く、その施術費用は思いのほか高額になります。

そうした難点を解決すべく、この患者様はまつげの植毛に挑戦しました。

まつエクとまつげの植毛を分かりやすく比較するために、患者様に同意を得て、写真を掲載しましたので、どうぞ参考にして下さい。

まつエクと異なり、植毛したまつげは、写真のようにやや下向きになります。
これがまつげの植毛の難点でしょうか!?

まつげの植毛

まつげの植毛