刺青除去、タトゥー除去

刺青除去、タトゥー除去

刺青除去は、入っている色や場所や大きさなどにより、ご案内出来る治療法が異なります。消したい方は、まずはお気軽にカウンセリングへお越し下さい。

治療方法に関して刺青を除去する治療には、大きく2つの方法があります。
1.レーザー
2.手術

刺青のレーザー治療は手軽に開始できますが、刺青の種類や個人の体質などにより、複数回の通院治療が必要な場合があります。
当院では、主にQスイッチヤグレーザーを刺青のレーザー治療に用いていますが、実際に治療した患者さんにおいて、1回のレーザー治療で終了した例もあれば、20回以上かかってしまう例もあります。
時には、レーザー治療単独では最終的な治療ゴール(満足に刺青が消えること)に到達できない例もあります。

刺青治療のもうひとつの方法は、手術です。当院の場合、局所麻酔による手術を行っています。手術での除去の利点は、必ず刺青が消えるということです。
しかし、これも必ずですが、傷痕(瘢痕)が残るというデメリットもあります。刺青の手術治療は、1回で終了することもあれば、数回に分けて切除することもあります(分割切除)。

大変残念なことですが、大変重要なことは、刺青とは、皮膚の真皮層に人工的な色素が強く沈着した状態ですので、いずれにしろ1、2とも治療後に刺青をする前のようなキレイな皮膚の状態に戻すことはできないということです。
つまり「刺青が消えたらよしとする」他はないのです。

※実際の治療においては、レーザーと手術をコンバイン(組み合わせて)して用いることもあります。

料金はこちら



刺青除去の「レーザーの適応」と「切除の適応」について

切除の適応:
1.すぐに取りたい方
2.広範囲でない方
3.赤や緑などの色が入っている方(レーザーの反応が悪い)
4.通院が困難な方

レーザーの適応:
1.徐々に消したい方
2.黒・茶・青などの色を中心に入れている方
3.スジ彫りの方
4.通院が可能な方
5.切開跡を残したくない方


症例集

症例1

手の刺青をレーザーで除去したケース

刺青レーザー除去

施術前

刺青レーザー除去

施術直後

術中動画


症例2

手の刺青をレーザーで除去したケース

刺青レーザー除去

施術前1

刺青レーザー除去

施術前2

刺青レーザー除去

施術直後1

刺青レーザー除去

施術直後2

術中動画



症例3

自分で入れた左上腕の刺青をレーザーで除去したケース

素人彫り(本人が入れた場合など)では、1回でほとんど消えることが多い。

刺青レーザー除去

施術前

刺青レーザー除去

施術直後

術中動画


症例4

左手の刺青をレーザーで除去したケース

Qスイッチヤグレーザーを使用
一回のレーザー治療でこれくらい刺青が除去できるケースがあります。

刺青レーザー除去

施術前

刺青レーザー除去

施術直後


症例5

右手の刺青を手術的に切除し、左手の刺青をレーザーで除去のケースです。
炭酸ガスレーザーを使用

刺青レーザー除去

施術および手術前(両手)

刺青レーザー除去

施術前(左手)

刺青レーザー除去

手術前(右手)

刺青レーザー除去

手術中(右手切開)

刺青レーザー除去

施術および手術直後(両手)

刺青レーザー除去

施術直後(左手)

刺青レーザー除去

手術直後(右手)

(手術3週間後)
手術後、3週間程経つと、これくらいキレイになります。
刺青除去に関しては、手術で切除する方法とレーザーで除去する方法があり、
それぞれの長所短所がありますので、ご相談下さい。

刺青レーザー除去

施術および手術後3週間後(両手)

刺青レーザー除去

施術後3週間後(左手)

刺青レーザー除去

手術後3週間後(右手)

症例6

左手の刺青をレーザーで除去したケース

いわゆる素人彫の場合、このようにレーザーの反応が良く、一回のレーザー治療ですぐに薄くなるケースもあります。

刺青レーザー除去

施術前

刺青レーザー除去

施術直後

刺青レーザー除去

施術前

刺青レーザー除去

施術直後

術中動画



症例7

左腕の刺青をレーザーで除去したケース

サイズは切手サイズです。Qスイッチヤグレーザー使用しました。

刺青レーザー除去

施術前
レーザー照射前

刺青レーザー除去

施術直後
レーザー照射直後

症例8

指の刺青をレーザーで除去したケース

刺青レーザー除去

施術前1

刺青レーザー除去

施術前2

刺青レーザー除去

施術直後
一回の照射でかなり薄くなった

術中動画



治療費に関して

レーザー除去

5✕5mm 1,080円~
目安:
切手サイズ(2×3cm)以下 10,000円前後
名刺サイズ(5.5×9cm)以下 20,000円~50,000円
はがきサイズ(10×15cm)以下 50,000円~80,000円
※費用はショット数によります



症例 – 刺青除去:切除 + 縫合、切除 + 皮膚移植

症例9

左前腕の刺青を切除したケース

大きさ:横7cm×縦3cm
年代:20代女性
刺青除去:切除 + 縫合 手術前




刺青除去:切除 + 縫合
手術前
切除デザインのために皮膚の緊張方向を確認
確認した皮膚の緊張方向を参考に、
切除後一番きれいに縫い上がるようにデザインします。

刺青除去:切除 + 縫合
手術前
切除デザイン
刺青除去:切除 + 縫合
手術中
デザインに沿い、刺青を切除します。

刺青除去:切除 + 縫合
手術中
全切除後
刺青除去:切除 + 縫合
手術直後
縫合した直後

刺青除去:切除 + 縫合
抜糸直前
刺青除去:切除 + 縫合
抜糸直後

この症例のように、切除手術の場合は1回の手術で刺青を除去できるケースもあります。
(通院は、最少で手術日と抜糸日の2回で済みます。)
レーザーを用いた場合、1回のみで治療が終了することは少ないので、早急に刺青を消したい場合やレーザーには反応し難い色の場合などでは、切除手術が最適なこともあります。

症例10(切除 + 縫合)

右上腕部の刺青を切除したケース

年代:20代女性

今回は特にデザインに工夫が必要であったケースです。
通常通り全部ひとかたまりで切除しようとすると、縫合できなくなってしまいます。
切除は複雑でしたが、植皮をせずに一度で切除+縫合が可能でした。
また、炭酸ガスレーザーを用い、切除が難しい部分の一部除去を行いました。
このケースでは、100針以上の縫合を行いました。

2週間で傷はかなり落ち着きました。
これからさらに傷跡はよくなってくると思われます。
手術後から抜糸までの期間、痛みはほとんど無かったとのことでした。
傷跡に関しては、3ヶ月~6ヶ月経つと傷跡が薄くなっていきます。

刺青除去
手術前
施術箇所
刺青除去
手術前
施術箇所拡大

刺青除去
手術中
麻酔
刺青除去
手術中
デザイン

刺青除去
手術中
刺青一箇所目切除開始
刺青除去
手術中
刺青一箇所目切除完了

刺青除去
手術中
刺青一箇所目縫合済み
刺青除去
手術中
刺青二箇所目切除開始
刺青除去
手術中
刺青二箇所目切除中1
刺青除去
手術中
刺青二箇所目切除中2

刺青除去
手術中
刺青二箇所目縫合済み
刺青除去
手術中
刺青二箇所縫合直後

刺青除去
抜糸直前
刺青除去
抜糸直後

術中動画




症例の続きはこちらです。

症例集2




治療費に関して

1.単純切除+縫合
切手サイズ(2×3cm)以下 54,000円
名刺サイズ(5.5×9cm)以下 162,000円
はがきサイズ(10×15cm)以下 324,000円

2.切除+皮膚移植
432,000円~(サイズによる)

3,レーザー
5✕5mm 1,080円~
目安:
切手サイズ(2×3cm)以下 10,000円前後
名刺サイズ(5.5×9cm)以下 20,000円~50,000円
はがきサイズ(10×15cm)以下 50,000円~80,000円
※費用はショット数によります

お気軽にご相談下さい。

※30万円以上の刺青治療費を現金で一括お支払いの場合、
治療費を10%OFFしています。
※医療ローンもご利用いただけます。




よくあるご質問

Q.元の肌に戻りますか?
A.一度入れた入れ墨は、完全という形では戻ることはありません。入れ墨の色にもよりますが、カウンセリングを行いながら色入れ墨の除去をすすめていきます。

Q.入れ墨を除去するにはどのくらいの期間と費用がかかりますか?
A.入れ墨をとるには簡単に言うと、入れ墨を彫った時間の10倍程度の時間や費用を費やして除去します。

Q.痛みはありますか?
A.入れ墨の除去は麻酔を行う為痛みは少ないです。