月別アーカイブ: 2015年7月

まつげcut


こんにちは、Dr.トームです。

今日は「まつげcut」に関してです。普通まつげはカットしません、と言うよりできません。なぜならば、カットしなければならないほど自然には伸びないからです。ほぼ唯一まつげのカットが必要なのは、まつげの植毛をした後です。まつげの植毛のドナーは頭髪ですから、その毛をまつげとして移植すると、1日に0.4mmほど伸びてしまいます。3日で1mm以上伸びることになりますが、まつげの1mmはすごく長い世界です。例えば、まつげエクステンションで付けるエクステが1mm違えば、施術後の印象はかなり変わります。

今日の患者さんは、約1年前にまつげの植毛をしています。今回、まつげをカットして整えました。1年後の現在は、3日に1度くらいご自分でカットしているそうです。今回はこちらでカットさせていただきました。ちなみに両側で130本前後自まつげが増えていましたので、生着率は約80%でした。(もともと両側で160本植毛しました)

まつげはお顔の中心にある、いわば美の象徴ですから、このまつげが長すぎてカットしなければならないなんて、究極の贅沢とも言えそうです。

「まつげの植毛」のドナー


「まつげの植毛」はドナーに後頭部の毛髪を使用しています。だいたい縦1cm弱、横3cmほど頭皮ごと毛を採取し、これを1本づつ分けます。

ですので、頭皮と頭髪の状態は手術の成功に影響します。健康的で美しいドナーの毛がまつげになるのが理想です。

今回の患者さんは、まさしく理想通りのドナーでした。頭皮には程よい弾力と緊張があり、頭髪もストレートで癖がなく、ヘアカラーなどによるダメージも皆無でした。

こうした素晴らしいドナーからの毛を用いると、移植がスムーズで結果も良好なことが多いのです。髪は女性にとっても植毛にとっても命なのですネ。

ちなみに、両側で計160本植毛しました。

IMG_0612.JPGサラサラの髪の毛

IMG_0613-0.jpg約3cmほど切除

IMG_0614.JPG縫合後

DSC06924_revisedまつげの植毛前

IMG_0616.JPG植毛直後