粉瘤(アテローム)の手術

当院では粉瘤(アテローム)の摘出手術を多数行なっております。

粉瘤(アテローム)とは、新陳代謝によって表皮から剥がれ落ちる垢などの老廃物(膿)が、皮膚の内部に溜まることによってできる良性の皮下腫瘍です。
一般的に、皮膚がある部位であればどこにでも生じますが、実際に多くみられるのは、顔面や体幹です。
特徴としては、膿がカプセルに包まれて成長して大きくなっていきます。
手術では、この膿が溜まったカプセルごと全摘出することが重要です。
特に顔面の場合の摘出手術では、露出部(見えている部分)なので、手術後の傷跡をいかに小さくキレイにできるかがポイントの一つです。
当院では、形成外科的手技を駆使してできるだけキレイに摘出し、縫合するよう努めています。

手術の特徴
・局所麻酔(注射の麻酔)
・日帰り手術
・手術当日から入浴可能
・抜糸まで通院の必要無し
・保険診療

料金はこちら


最新症例

症例1

右頬部皮下腫瘍(アテローム)のケース

数年前より皮下に粉瘤(直径15mm大)を認め、摘出手術を行いました。

30代男性

粉瘤

手術前
デザイン

粉瘤

手術中
粉瘤をカプセルごと摘出している様子

粉瘤

手術中
摘出直後
粉瘤は残らず全て摘出できた

粉瘤

縫合直後
お顔の手術では、このように細かく繊細に
縫合します。

粉瘤

抜糸直後
縫合部にはまだ赤みがあります


粉瘤

テーピング
抜糸後は、傷跡をキレイにし、紫外線を
防止する目的で肌色のテープを貼ります。

症例2

臀部の粉瘤(アテローム)のケース

数年前より臀部の皮下腫瘍に気付いたが放置していました。
徐々に増大し、最近になり、座ったときなどに痛みを感じるようになり、来院されました。
来院時に直径6cm大の巨大な粉瘤を認め、摘出手術を行いました。

粉瘤(アテローム)

手術前1
臀部の右側に大きな皮下腫瘍(粉瘤)を
認めました。

粉瘤(アテローム)

手術前2
デザイン(直径6cm大)

粉瘤(アテローム)

手術中1
粉瘤をカプセルごと摘出しているところです。

粉瘤(アテローム)

手術中2 摘出直後
予定通り全摘出できました。

粉瘤(アテローム)

摘出された腫瘍(直径6cm大)
内容物(膿)は、カプセルに包まれています。



粉瘤(アテローム)

縫合直後
皮下の大きな腫瘍を摘出した分だけ、
皮膚が少し陥凹していますが、
次第に改善します。

粉瘤(アテローム)

抜糸直前
縫合部に問題はありません。

粉瘤(アテローム)

抜糸直後
経過は順調で予定通り抜糸できました。
この症例では、直径6cm大もある巨大な粉瘤を摘出しました。
当院では、このような手術もなるべくご予約日当日に行うように努めています。
※ただし症例によっては、後日の手術になることもございます。


術中動画



症例3

左耳前部皮下の粉瘤(アテローム)

粉瘤(アテローマ)

デザイン

粉瘤(アテローマ)

摘出する粉瘤(アテローム)

粉瘤(アテローマ)

摘出した粉瘤


粉瘤(アテローマ)

手術中
粉瘤摘出後

粉瘤(アテローマ)

手術直後
粉瘤を摘出し、縫合した直後。

代表的症例

症例1

後頸部の粉瘤(アテローム)

粉瘤(アテローム)

デザイン

粉瘤(アテローム)

摘出する粉瘤(アテローム)

周辺組織を剥がすと、このように「カプセルに包まれて」粉瘤本体が露見してきます。
このカプセルの中に膿が溜まっているので、カプセルごと全摘出することが重要です。
もし、全摘出できないと、再発することがあります。
粉瘤(アテローム)の手術では、このように全摘出を心がけています。


粉瘤(アテローム)

縫合直後

粉瘤(アテローム)

抜糸直前

粉瘤(アテローム)

抜糸直後

症例2

左大腿部の粉瘤(アテローム)のケース

直径6cm大の巨大な粉瘤

粉瘤(アテローム)

左大腿部の巨大な粉瘤

粉瘤(アテローム)

デザイン

粉瘤(アテローム)

手術中
腫瘍本体

粉瘤(アテローム)

手術中2
底面まできれいに剥がれている

粉瘤(アテローム)

手術中3
摘出直後

粉瘤(アテローム)

手術直後
粉瘤を摘出し、縫合した直後。

粉瘤(アテローム)

摘出された腫瘍
直径6cm大

症例3

前胸部の粉瘤(アテローム)のケース

直径4cm大の粉瘤(アテローム)で、腫瘍が増大し、
皮膚が薄くなってしまっていた症例。

粉瘤(アテローム)

手術前1
腫瘍が皮膚直下まで透けて見えている



粉瘤(アテローム)

デザイン
(一番外側の線)腫瘍経
(中間の線)通常の切開線
(内側の線)今回の切開線

粉瘤(アテローム)

麻酔
細い針(30G)で慎重に麻酔を注射

粉瘤(アテローム)

手術中
腫瘍を摘出

粉瘤(アテローム)

手術中
腫瘍摘出後

粉瘤(アテローム)

手術直後
縫合直後

粉瘤(アテローム)

摘出した粉瘤

粉瘤(アテローム)

抜糸直前

粉瘤(アテローム)

抜糸直後


症例のご紹介

症例1

左耳部の粉瘤(アテローム)のケース

耳及び耳の周囲は、粉瘤の好発部位です。
特にニキビ肌の人にはできやすい傾向があります。
何度も再発したり、膿が出てきたりする場合は、
早めの治療をおすすめします。

この症例では、耳後部に直径12mm大の粉瘤ができていましたが、
カプセルごときれいに切除できました。


左耳前部粉瘤(アテローム)

手術前1

左耳前部粉瘤(アテローム)

手術前2

左耳前部粉瘤(アテローム)

デザイン

左耳前部粉瘤(アテローム)

粉瘤(アテローム)摘出直後

左耳前部粉瘤(アテローム)

摘出された粉瘤(アテローム)

左耳前部粉瘤(アテローム)

縫合直後

症例2

右耳部粉瘤(アテローム)のケース

右耳前部粉瘤(アテローム)

手術前1

右耳前部粉瘤(アテローム)

手術前2

右耳前部粉瘤(アテローム)

デザイン

右耳前部粉瘤(アテローム)

摘出された粉瘤(アテローム)

右耳前部粉瘤(アテローム)

縫合直後1

右耳前部粉瘤(アテローム)

縫合直後2

症例3

右耳前部の粉瘤(アテローム)のケース

右耳前部粉瘤(アテローム)

手術前



右耳前部粉瘤(アテローム)

デザイン
もみあげの毛髪を損傷しないようにすることが重要です

右耳前部粉瘤(アテローム)

局所麻酔注射

右耳前部粉瘤(アテローム)

粉瘤(アテローム)の摘出

右耳前部粉瘤(アテローム)

縫合直後

右耳前部粉瘤(アテローム)

摘出された粉瘤(アテローム)

右耳前部粉瘤(アテローム)

抜糸直前

右耳前部粉瘤(アテローム)

抜糸直後

症例4

耳垂部の粉瘤(アテローム)のケース

耳垂部の粉瘤(アテローム)

手術前

耳垂部の粉瘤(アテローム)

デザイン

耳垂部の粉瘤(アテローム)

縫合直後

耳垂部の粉瘤(アテローム)

抜糸直前

耳垂部の粉瘤(アテローム)

抜糸直後、耳の裏。

耳垂部の粉瘤(アテローム)

抜糸直後、耳の表。

症例5

右大腿部の粉瘤(アテローム)のケース

10年以上前より皮下にしこりのようなものがあったが、放置していました。
最初は直径1cmもなかったが、徐々に増大し、現在直径6cm大ほどとなってしまったため、
手術目的に当院へ来院されました。

粉瘤(アテローム)

粉瘤の大きさが直径6cm程度ある

粉瘤(アテローム)

デザイン

粉瘤(アテローム)

粉瘤(アテローム)の摘出

粉瘤(アテローム)

縫合直後

粉瘤(アテローム)

摘出された粉瘤(直径6cmの大きなもの)

巨大な粉瘤です。
こんなに大きな粉瘤も当院では日帰りで手術できます。
ただし、粉瘤の治療の第一選択は手術ですので、なるべく小さいうちに摘出するのが望ましいです。


症例6

背部右側の粉瘤(アテローム)のケース

なるべく小さな切開で腫瘍を摘出するようにしています。

粉瘤・アテローム

手術前

粉瘤・アテローム

デザイン

粉瘤・アテローム

粉瘤(アテローム)の摘出直後

粉瘤・アテローム

粉瘤(アテローム)の摘出

粉瘤・アテローム

縫合直後

粉瘤・アテローム

抜糸直後(全体)

粉瘤・アテローム

抜糸直後(拡大)


粉瘤・アテローム

テーピング
抜糸後は、肌色のテープで保護します。

症例7

右肩甲部の粉瘤(アテローム)のケース

右肩部皮膚腫瘍

デザイン

右肩部皮膚腫瘍

局所麻酔

右肩部皮膚腫瘍

切開1

右肩部皮膚腫瘍

切開2

右肩部皮膚腫瘍

摘出された粉瘤(アテローム)1

右肩部皮膚腫瘍

摘出された粉瘤(アテローム)2

右肩部皮膚腫瘍

縫合直後

右肩部皮膚腫瘍

抜糸直前

右肩部皮膚腫瘍

抜糸直後

右肩部皮膚腫瘍

テーピング

症例8

背中の粉瘤(アテローム)のケース

背中の粉瘤(アテローム)

手術前

背中の粉瘤(アテローム)

デザイン

背中の粉瘤(アテローム)

切開

背中の粉瘤(アテローム)

摘出された粉瘤(アテローム)

背中の粉瘤(アテローム)

縫合直後

背中の粉瘤(アテローム)

抜糸直前

背中の粉瘤(アテローム)

抜糸直前

背中の粉瘤(アテローム)

抜糸直後

背中の粉瘤(アテローム)

抜糸直後

症例9

背中の粉瘤(アテローム)のケース

背中の粉瘤(アテローム)

手術前

背中の粉瘤(アテローム)

手術前(部位拡大)

背中の粉瘤(アテローム)

デザイン

背中の粉瘤(アテローム)

縫合直後

背中の粉瘤(アテローム)

摘出された粉瘤(アテローム)

背中の粉瘤(アテローム)

抜糸直前

背中の粉瘤(アテローム)

抜糸直前(拡大)

背中の粉瘤(アテローム)

抜糸直後

背中の粉瘤(アテローム)

抜糸直後(拡大)


症例10

背中の粉瘤(アテローム)のケース

他院にて数年前に一度手術しており、再発したケースです。
当院にて粉瘤の摘出を行いました。

粉瘤(アテローム)

手術前

粉瘤(アテローム)

手術後の瘢痕(傷跡)が目立つ

粉瘤(アテローム)

デザイン(傷跡も一部含めた)

粉瘤(アテローム)

切開

粉瘤(アテローム)

切除するところ。このようにキレイに
摘出することが重要です。

粉瘤(アテローム)

摘出した粉瘤1


粉瘤(アテローム)

摘出した粉瘤2

粉瘤(アテローム)

縫合直後

抜糸後は瘢痕一部が除去され、キレイになりました。

粉瘤(アテローム)

抜糸直前

粉瘤(アテローム)

抜糸直前(拡大)

粉瘤(アテローム)

抜糸直後

粉瘤(アテローム)

抜糸直後(拡大)

症例の続きはこちらです。

症例集2

症例集3