頭髪の自毛植毛

頭髪の自毛植毛 : 形成外科・美容外科・皮膚科・美容皮膚科はJR本千葉駅徒歩1分のHSクリニック


頭髪の自毛植毛

頭髪の自毛植毛
料金はこちら


自毛植毛とは

ご自分の後頭部などのしっかりした毛を、生え際や頭頂部などの薄くなった部分へ移植する方法です。
ご自分の毛を移植するので、移植したほとんどの毛が生着します。


当クリニックの方法

当クリニックでは、FUT※を行う具体的な方法として、マイクログラフト法と自毛ニードル法の両方を用いています。
マイクログラフト法では、スリットを空けて株を植えていきます。
一方、自毛ニードル法では、植毛用ニードルを挿入・抜去することによりワンステップで植毛していきます。
マイクログラフト法は、大きな株を植えたり、毛根部だけの株を植えたりするときに適しています。
自毛ニードル法は、角度をつけたい生え際や繊細な部分の植毛に適しています。
また、頭髪以外、まゆげ・まつげ・性毛・ヒゲなどの植毛に有効です。

※FUTとは、Follicular Unit Transplantationです。
この方法は、世界で広く行われている方法で、毛包単位移植のことです。
毛包単位移植とは、一つの毛穴から生えている毛包単位の毛(1本、2本、3本、4本)を移植する方法です。


ドナー採取方法

移植用のドナーを採取する方法には、大きく2種類あります。
一つは切る方法です。
もう一つは切らない方法です。

切る方法とは、いわゆる「ストリップ法」で、後頭部から細長く帯状に頭皮ごと頭髪を採取する方法です。
採取部位は一直線にキレイに縫合されますが、後々瘢痕として残ります。

切らない方法は、「FUE」です。
FUEとは、Follicular Unit Extraction(毛包単位採取)で、後頭部から毛包単位で毛を採取する方法です。
当院では、専用の機械(Follicular Unit Extractor)を使用し、移植毛を採取しています。
FUEの利点は、ドナーを切ったり縫ったりしないので、手術後の瘢痕がほとんどなく、痛みや腫れや出血が少ないことです。

FUE(Follicular Unit Extractor)の機械画像︰

自毛植毛(FUE法)

Follicular Unit Extractor 1

自毛植毛(FUE法)

Follicular Unit Extractor 2

自毛植毛(FUE法)

毛包(後頭部)の採取風景



症例集


FUEの症例

最新症例

※FUE(Follicular Unit Extraction 毛包単位採取)とは、メスを使わずに後頭部の毛包を採取して移植する方法です。

自毛植毛をFUEで行う場合は、下記の方に適しています。
・ドナーの切開をしたくない方
・人に知られずに少しだけ植毛したい方
・痛みや出血に弱い方

30代男性

自毛植毛(FUE法)

ドナー1
FUEの採取部

自毛植毛(FUE法)

ドナー2
移植する株

自毛植毛(FUE法)

デザイン
生え際から頭頂部まで移植するデザイン
とした

自毛植毛(FUE法)

手術風景1



自毛植毛(FUE法)

手術風景2
FUT(毛包単位移植)

自毛植毛(FUE法)

手術直後1


自毛植毛(FUE法)

手術直後2
毛を採取した部位はほとんど目立たない

術中動画






FUTの症例

症例1

20代男性

自毛植毛手術症例

before

自毛植毛手術症例

after

症例2

30代男性

自毛植毛手術症例

before

自毛植毛手術症例

after

症例3

40代男性

自毛植毛手術症例

before

自毛植毛手術症例

after

症例4

50代男性

自毛植毛手術症例

before

自毛植毛手術症例

after

症例5

60代男性

自毛植毛手術症例

before

自毛植毛手術症例

after



電話

メール

地図