月別アーカイブ: 2015年1月

「まつげの植毛」の覚悟とは


「まつげの植毛」は、もちろん手術ですので、それなりの覚悟が必要です。
覚悟とは、文字通り手術する覚悟ですが、手術ですので、多少の痛みがあります。特に瞼に注射の麻酔をしますので、個人差はあるものの痛くないはずがありません。まず、この痛みに対しての覚悟です。また、片側だけでも瞼に80本前後植毛しますので、言い換えれば80回ほど針を刺されるので、瞼は相当腫れ、内出血します。そう、次に腫れと内出血の覚悟です。
痛みと腫れと内出血、一番の覚悟が必要なのはどれかと言うと、難しいところですが、私は内出血だと思います。なぜなら、痛みは手術中ピークで、手術後も続きますが、クーリングや痛み止めで和らげることができます。腫れも普通は2ー3日で引きます。
ところが、内出血は長引きます。手術直後から2週間位内出血に悩まされることもあります。そこで、まつげの植毛を受ける場合、内出血を覚悟しなければなりません。そして、内出血を早く直す良い手段はありません。できるとしたら、ファンデーションやコンシーラでカバーして隠すことですが、植毛した位置はそうもいきません。むしろ、植毛部分の近くは、内出血がアイシャドーを塗ったようになりますので、隠さずに見せてしまった方がいい場合もあります。要はそうした覚悟が必要ということです。

もちろん、ちゃんと覚悟した人には、まつげがちゃんと増えるので差し引きゼロ、いや、それ以上の価値があるかもしれません。

では、覚悟した患者さんの写真をどうぞ。

まず手術前です。

IMG_1323.JPG

次に手術直後です。どうです、覚悟できそうですか⁉️

IMG_1324-1.JPG

IMG_1322-0.JPG

新年のご挨拶


新年のお喜びを申し上げます。
患者様やご家族をはじめ、多大なるご支援を頂きましたこと、心より御礼申し上げます。
いつまでも皆様に必要とされるクリニックであり続けられるよう努力していく所存でございます。
本年もよろしくお願いいたします。
2015年1月