月別アーカイブ: 2009年11月

アートメイク修正


Before091106_before
数年前に普通の塗りつぶすタイプのマユのアートメイクを受け、その後、何のメンテナンスをしなかったこともあり、アートメイクカラーが薄くなり、赤っぽく変色してきた。

After
091106_after
当院で植毛様マユ(3D立体眉)のアートメイクにより修正した。
アートメイクは何もしないで放っておくと、必ず薄くなったり変色したりしてきて、せっかくのアートメイクの質が低下します。つまり、アートメイクをした当初の価値が下がってしまいます。そうなるともちろん、見た目も悪くなってしまいます。

その対策としては、年に1度は、メンテナンスを受けることが推奨されます。このようなメンテナンスを 当院では“お直し”と呼んでいますが、その主体は、適切なカラーで染色を追加することです。

もちろん、アートメイクによる眉の形を変えたい場合は、レーザーによる治療や新たなアートメイクが必要になることもあります。あまり、こうしたマイナスになる情報は公になっていないのですが、実は、ここもアートメイクが刺青と違うところの1つではないかと私は考えます。